CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ARCHIVES

CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
東京デッドクルージング/深町秋生


著者はいつも私がこっそりと覗き見しているブログ(いつのまにか「新人日記」から「ベテラン日記」にタイトルが変わっていた)の「このミス大賞」受賞作家の深町秋生氏。
深町氏の小説は「このミス大賞」受賞である「果てしない渇き」から読んでいるが、今回の作品はよりバイオレンスさに磨きがかかっているといえるだろう。

舞台は近未来の東京。そんな風に書くとSF小説か?と思わせるが、いいえ違います。
脳漿や肉片が飛び散りまくるバイオレンス小説です。
2015年オリンピックを来年に控えた東京では、貧富の差が激しくなり、一部の都心部と湾岸部だけがオリンピックムードで盛り上がり、郊外に行けば行くほどスラムが広がり治安が悪化するという状況だった。
郊外には政府が受け入れをした北朝鮮からの難民や勝ち組になれなかったドロップアウト組がウヨウヨとしており、都心部では金や権力を手にした勝ち組たちが利権を奪おうとする外国勢を攘夷するために民兵組織を立ち上げ、重火器で武装して、外国人排除運動を行っていた。
物語は、そんな2015年東京で、謎の武装集団による中国人などが集まるクラブ襲撃からはじまる。

物語を動かすのは、武装民兵組織の青年たちと謎の美女ファラン。
二重、三重に張り巡らされた罠。そして、陰謀。
飛び散る脳症に、血肉の雨。
もう、深町ワールド全開です。

登場するキャラクターもキャラが際立っており、東北訛りのスナイパー伴野兄、ドライビングテクニックならだれにも負けない菊田など愛着溢れるキャラクターがたくさん出てくるのだが、なぜか誰一人として感情移入できるキャラは存在しない。
まあ、彼らに感情移入はしたくはないのだが。

2015年の東京で生き残りを掛けたサバイバル。
一気読み、間違いなしです。
にほんブログ村 本ブログへ

| 深町秋生 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(16) |
| 1/1PAGES |