CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ARCHIVES

CATEGORIES
<< かかと落としダイエット | main | 水滸伝17 朱雀の章/北方謙三 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎


いつもながら、伊坂幸太郎という作家の描き出す世界観には魅了されてしまう。
現実と現実にはありえないのミックス。それが伊坂ワールド。
なによりもキャラクター設定が良い。
主人公はもとより、魅力的なサブキャラクターが満載なのだ。
ちょっと不思議な感じの脇役たちが物語を盛り上げていく。それが伊坂ワールド。

さて、今回はそんな伊坂幸太郎のゴールデンスランバーをご紹介。
タイトルであるゴールデンスランバーはビートルズの曲名。
私はビートルズ世代ではないので、知らなかったが。

今回も舞台は森の都・仙台。
もう、伊坂幸太郎作品といえば、仙台。
そんな仙台に首相がやってきた。しかも、その首相が暗殺事件に巻き込まれてしまうのだ。そして、暗殺犯として名前が挙げられたのが、この作品の主人公である青柳。
そう、この物語はJFK暗殺を下敷きに描かれているのだ。
主人公は、まるでJFKの暗殺犯として祭り上げられたオズワルドのように、警察から追われる。そして、オズワルドの様に暗殺をされかけるのだ。

身に覚えの無い容疑で追われる青柳。
はたして、青柳の運命やいかに……

いつもながらの伊坂ワールドが展開され、主人公以外のサブキャラたちも魅力が満載。
伊坂幸太郎、ちょっと変なおじさんキャラを書かせたら日本一かもしれない。

にほんブログ村 本ブログへ
| 伊坂幸太郎 | 04:21 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 04:21 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oosujp.jugem.jp/trackback/208
トラックバック
「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎
「アヒルと鴨のコインロッカー」ですが、新人賞も取っている傑作で映画にもなっています。伊坂幸太郎の小説は始めて読みましたが、大学生になったばかりの椎名が隣人で変人でもある河崎と本屋強盗をするという結果を冒頭で呈示し、それに至る過程を現在と二年前を交互に
| 一言居士!スペードのAの放埓手記 | 2008/02/28 11:09 PM |