CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ARCHIVES

CATEGORIES
<< 剣客商売16 浮沈 | main | モダンタイムス/伊坂幸太郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
K-1 WORLD GP 2008 FINAL の悪夢
今回のK−1は「世代交代」という色を強く出していた。
その象徴ともいえるのが第一試合のピーター・アーツvsバダ・ハリ。
20世紀最強の暴君と呼ばれたアーツに対して、新世代のバダ・ハリが猛攻を仕掛ける。
アーツの敗因は、スタートが遅いという点だろう。
戦略的に1Rで様子を見ながらじわじわとローキックとジャブ。2R辺りから徐々にハイキックなどを織り交ぜて相手を圧倒して倒そう。
アーツはそんな戦略だったに違いない。
しかし、蓋を開けてみれば、1Rからバダ・ハリのラッシュ。
予想外の展開にさすがの暴君も対応しきれず、攻撃を食らう羽目に。
バダ・ハリがラッシュしてきているのに、アーツったらローキックでそれを止めようと必死なんだもん。
パンチでラッシュしてきた相手に対してローキックを返すなんて素人のすることですよ、アーツさん。
ある程度の打撃系格闘技などを齧ったことのある人はわかると思うけれども、相手がパンチの間合いに入ってラッシュしてきたら、相手を間合いの外に追い出すか、それとも間合いをつぶしてクリンチに逃げるか、パンチで応戦するかのどれかでしょ。
ローキックなんてしてもラッシュは止められないし、しかもパンチを片足になった状態で受ける可能性があるんだから逆効果だっての。せめて前蹴りとかで、相手の体を離さないと。
完全に出鼻をくじかれたアーツだったけれども、1Rを乗り切れば勝てるかなと思んだよなあ。でも、2Rでもバダ・ハリの奇襲を受けてあえなく撃沈。20世紀最強の暴君もここまでか。
でも、不思議とバダ・ハリが強いというイメージがわかないんだよなあ。

ほかの一回戦の試合は、見ていてスピード感あふれる面白い試合だと思ったけれど、レミーvsバンナは予想通りの展開に、またかよバンナと突っ込まざるえませんでした。
もうね、バンナの腕にサポーターがあった時点で嫌な予感はしたんですよ。
あれ?治ったんじゃなかったの?って。
そしたら、あれですよ。
バンナの試合は見ていて痛すぎる。

さて、話を一気に飛ばして決勝にいきますか。
私はあの決勝を疑惑の決勝と呼びたいです。

バダ・ハリよ、おまえはナルシマリョウかといいたい。
決勝に来てまで、やっちゃうか。
個人的感情の爆発か。
どうして、レミーはそんなに他のファイターに嫌われるのよ。

さて、なにが疑惑かといえば、レミーのやられっぷりが疑惑。
確かに反則行為を働いたバダ・ハリが悪いんですよ。
でも、もつれて倒れました。
バダ・ハリが倒れたレミーに襲い掛かりました。
パンチをしてきました。
審判の制止を振り切って踏みつけをしてきました。
なぜ、レミーは無防備に倒れたままだったんですか?
ファイターならば相手からの攻撃があれば、それに備えるはずじゃありませんか?
いくら自分が倒されたからといって、あなたはなぜ寝たままだったんですか。
逃げたり、ガードしたり、なぜしなかったんですか。
人間は本能的に攻撃をされると体を縮めるようにして防御態勢に入る生き物なんですよ。
もしかして、その前の攻撃が効いていた?
それとも、他の狙いがあった?

5分間のインターバル中、さほど興奮した様子も見せていないバダ・ハリ。
そして、うつろな目をしたレミー。つーか、レミーっていつもうつろな目だよ。
転がってきた優勝。バダ・ハリの冷めた目。
不思議とバダ・ハリのことを痛烈に批判もしない解説陣。
「あの行為はやったらいけないことですけど……」程度だったよなあ。
普通ならあんなことをする奴はファイターの資格なし!ぐらい吠えるだろ。
あれ?もしかして、後ろで黒い何かが動いた?
そう勘繰らずにはいられない、決勝戦でした。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
| 格闘技/武術 | 11:29 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:29 | - | - |
コメント
はじめましてキーといいます。
いきなりこうゆう事言うのもどうかと思いますが
レミーが倒れてから無防備だったといわれてますが
倒れてからのパンチは全部ガードしてますよ。
ただ角田が邪魔して踏みつけはよけきれてません。
あとマサトは相当批判してました
| キー | 2008/12/07 3:02 PM |
はじめまして、キーさん。
レミーが無防備だったと書きましたが、それはファイターとして無防備だったということです。言葉足らずですね。ガードをあげて頭を守るだけというのは素人のガードと変わらないと思います。
それと踏みつけですが、あれはきちんとヒットしていなかったように私の眼には見えました。ちょっと乗っかっただけで、効いたようには見えませんでした。
それだけで果たして目がかすむほどになってしまうのでしょうか。キーさんのいわれるように、パンチをレミーがしっかりとガードしていたのなら目がかすむほどの打撃はあの状態では受けていないはずです。

それと批判ですけれど、放送を見ていた限り、私にはマサトの批判は無難な批判に思えました。

なにはともあれ、こんなヒトリゴトにコメントいただきありがとうございます。
| オースミ | 2008/12/08 1:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oosujp.jugem.jp/trackback/234
トラックバック