CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ARCHIVES

CATEGORIES
<< 水上を走る | main | 西遊記/平岩弓枝 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SOSの猿/伊坂幸太郎
 

伊坂幸太郎の作品はある時期を境に変化した。伊坂本人いわく、『ゴールデンスランバー』からが第二期のはじまりらしい。
まあ、読者からすると「そうなんだ」のひと言に尽きるわけだが……。
 
この「SOSの猿」は第二期の作品だと思う。
正直、最初は読んでいて意味が分からなかったりする(伊坂作品はそういうことが多く、読者を選ぶ場合も多いが)。話の流れが入り混じっていて、あれ?なんだこれ?って感じになってしまいがち。

物語には、主人公が二人いて交互に話は進んでいく。
家電量販店で働く遠藤は、イタリアで修行した「エクソシスト」。他人の発する「SOS」を聞きつける能力を持っている。そんな遠藤のもとに辺見のお姉さんが相談を持ちかけてきたことから、話ははじまる。
もう一人の主人公である五十嵐はシステム会社の社員で調査を専門とする仕事をしている。五十嵐は20分間で300億円の損失を出した証券会社の株誤発注事故の調査に乗り出すが、妄想なのか現実なのかわからない世界へと引き込まれていく。
といった感じなんですが、途中で西遊記に出てきた孫悟空が出てきて、孫悟空の存在が話の核となるわけだけれども、考えてみたらあまり西遊記のストーリーって知らないなって気付きました。
なんとなくはわかっているのだけれども、詳しい内容までは覚えてはいない。
三蔵法師、猪八戒、沙和尚、といった主役級や牛魔王、金角・銀角といった有名な登場人物は覚えているのだけれども、意外にそれ以外の登場人物って覚えてはいなかったりする。
作中に登場する、二郎真君だって誰だよそれ!って、思わずWikiってしまいましたから。
ちなみに二郎真君は、封神演義では楊戩(ようせん)なんですね。
なるほどと、ひとりで納得しました。

そんな二郎真君も登場するSOSの猿ですけれども、内容についてはあまりふれないようにしておきます。伊坂作品って紹介するのが難しいんですよ。変に伏線が張られているので、あまり多くは語らない方がいいかと。

おすすめ度 ★★☆☆☆
伊坂ファン以外には、あまり受け入れられない作品かもしれませんね。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
| 伊坂幸太郎 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oosujp.jugem.jp/trackback/244
トラックバック