CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ARCHIVES

CATEGORIES
<< UFC1をいまさら振り返る | main | 鎧を着て武器でぶん殴りあうスポーツが、存在した >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
誘拐の誤差/戸梶圭太
 

10歳になる少年が夕方になっても帰ってこない。事件はそこからはじまった。
警察に捜索願を出した母親の願いもむなしく、少年は死体として発見される。
そして、少年の死体が見つかった後になって少年の母親に送られてきたメール。
送り元は少年の携帯電話。内容は身代金1億円を要求するものだった。
難航する捜査。刑事たちは容疑者となる怪しい人物を追い続ける。

とまあ、ストーリーだけを書いてしまうとミステリーって感じですが、そこは戸梶先生の作品。
ぶっとんだキャラクターたちの織りなす物語が待っています。
この物語は事件の解決を急ぐ警察と少年を殺害した犯人、その周りにいる人間たち、そして町の怪しい連中の心理描写などを交えて、リアルに話が進んでいきます。
もしかしたら、実際の事件もこんなことが起きているのかもしれない……などと思うと、ちょっと怖いですね。

久しぶりに戸梶作品を読みましたが、相変わらずテンポがよくて読みやすかったです。
今回の作品は、戸梶先生らしくなく、なんだか考えさせられました。(失礼)





にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
| 戸梶圭太 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oosujp.jugem.jp/trackback/247
トラックバック